リソース

初級ガイド

このページは、翻訳支援ソフトウェアの使用経験がない方や初心者向けのヒントを知りたい方向けです。必要なときに必要なリソースがこのページに表示されます。

ローカリゼーションソフトウェアを使い始める際に最も避けたいのは、作業が行き詰まり、納期に遅れる可能性が生じたり、作業の品質が落ちてしまったりすることです。そのため、お客様にお役立ていただけるようリソースのライブラリを作成し、継続的に更新しています。ブログやeBookから、デモ、録画ウェビナーまで、Tradosで簡単に翻訳できるようになるためのリソースが満載です。 

Translation 101:翻訳支援ソフトウェア、用語集管理、翻訳メモリ

これらはRWS Groupの傘下のSDL Limitedの動画です。

翻訳支援ソフトウェア

翻訳支援ソフトウェアとは、文書をより迅速かつ容易に翻訳するために開発されたプログラムです。

Trados Studio 2022は、RWSの最新の翻訳支援ソフトウェアです。豊富な学習リソースのライブラリが用意されているため習得しやすく、操作も簡単です。

翻訳支援ソフトウェアがどのように役立つかについては、録画ウェビナーをご覧ください。

How a CAT tool can help you

これらのリソースを確認して、翻訳支援ソフトウェアの次のステップに進みましょう。

翻訳支援ソフトウェアのソリューションページを見る

用語集

用語集を管理し、頭字語・同義語・略語などの用語を適切なルールで整理できるようになることで、正確な翻訳が可能になります。 

RWSの用語集管理ツールであるMultiTermを使用すると、用語や語彙の一貫性を確保し、翻訳品質を向上させることができます。スタンドアロンのデスクトップツールとしても、Trados Studioの統合機能としても使用でき、世界中の多くのユーザーに支持されています。

用語集管理について詳しくは、こちらのリソースをご覧ください。

用語集管理に関するビデオ

用語集管理の詳細

機械翻訳

1950年代に登場した機械翻訳(MT)は、コンピュータによるテキストの翻訳であり、人間は関与しません。自動翻訳または即時翻訳とも呼ばれます。

個人翻訳者、LSP、企業を問わず、機械翻訳を使用することで、より多くのコンテンツをこれまでより迅速に翻訳して納品できます。

machine translation

追加のトレーニングについて詳しくは、次のページをご参照ください。