Passolo 2022の新機能

翻訳チームにスムーズに適合するソフトウェアローカリゼーション

最新バージョンの主な新機能のご紹介

Passolo 2022に搭載された新機能や統合は、チーム作業、効率性、生産性を強化し、スマートな働き方を可能にします。

最新バージョンのPassoloは、Microsoft .NET 5.0をサポート。長期にわたってビジネスに活用でき、クラウドプラットフォーム統合でコラボレーションも容易になりました。ユーザビリティに関する機能も多数強化されています。

Microsoft .NET 6.0のサポート

Passolo 2022は、前の.NET 4.8プラットフォームと並行してMicrosoft .NET 6.0をサポートしています。お客様は、ビジネスのペースに合わせて新しい.NETフレームワークに移行し、ローカライゼーションプロセスを調整できます。今すぐ移行する場合も、旧バージョンの.NETでの作業を続ける場合も、RWSが引き続きサポートいたします。
Passolo
Passolo

クラウドプラットフォーム統合

包括的なプロジェクト管理機能を活用して、ソフトウェア翻訳プロジェクトを管理し、翻訳者、レビュアー、エンジニアの間のコミュニケーションと共同作業を円滑にします。 

さらに、Passolo Collaboration Editionでは、開発サイクルで更新された部分を翻訳プロジェクトに瞬時に取り込めるため、ローカリゼーションマネージャーや翻訳者の負担を軽減し、プロジェクトを最新の状態に保てます。 

組み込みのセキュリティコントロールで知的財産を保護し、ユーザーと役割ベースの権限を設定します。

仮想フォルダ

作業対象の文字列のコンテキストを翻訳チームがよりよく管理できるよう、Passolo 2022には原文ファイルを任意の仮想フォルダにグループ化するオプションが追加されました。仮想フォルダは必要に応じて作成、削除、名称変更でき、プロジェクトレベルでもバンドルレベルでも利用できます。 

開発者は開発プロセスのニーズに応じてコードを分類する一方、ローカリゼーションプロジェクトマネージャーは翻訳者にわかりやすく作業効率のよい順番にするために、ソフトウェア文字列を「仮想的に」グループ化することが可能です。 

大規模な翻訳プロジェクトを管理するときでも、プロジェクトマネージャーや翻訳者の混乱を避けられ、作業を機動的に進められます。
Passolo
Passolo

自動化の強化

生産性向上のため、Passoloの自動化機能が強化されました。新しい仮想フォルダ作成機能はワークフローで自動化できます。Trados GroupShareのプロジェクトファイルからSDLXLIFF、SDLXLIFFからTrados GroupShareのプロジェクトファイルへの自動変換が可能になり、Passoloプロジェクトは、クラウドに自動公開されます。

対応ファイル形式の増加

利用可能な構成や互換性を高めることで、より多くのファイルに対応できるようになりました。.NET 4.x、WPF、JSON、XAML、XML、YAML、Java、RCをはじめ、多数のファイル形式が更新されています。
Passolo

Passolo 2022を無料で評価

Passolo 2022評価版をダウンロードして、ソフトウェアローカリゼーションプロセスに役立つ優れた機能を確認できます。