Glossary Converter - Excelから用語ベースおよびTMXへの変換

島田 智紀 2023年10月18日 読了目安時間:4分
Glossary Converter - Excelから用語ベースおよびTMXへの変換

Glossary Converter - Excelから用語ベースおよびTMXへの変換

RWS AppStoreというウェブサイトをご利用いただいたことはあるでしょうか。こちらではTrados Studioと連動するアプリや、Trados Studioの機能を拡張するプラグインが豊富に用意されています。アイテムの多くが無償で提供されていることも大きな特徴です。
 
今回はGlossary Converterというサードパーティ製アプリについてご紹介したいと思います。すでにお使いいただいているTrados Studioユーザーの方も多いかと思いますが、Excelの用語集(.xlsおよび.xlsx形式)をTrados StudioやMultiTerm Desktopで使用可能な用語ベースファイル(.sdltb形式)に簡単に変換するためのツールです。
 
RWSの開発によるアプリではないのですが、既存のExcel用語集をMultiTerm用語ベースに変換する際にはほとんど定番とも言える人気のアプリです。
 
「手元にExcel形式の用語集はあるのだが、どのようにTrados Studioで活用すればいいだろうか」といった場面でぜひご活用ください。
 
  
Glossary Converterのダウンロードとインストール
 
Glossary ConverterはRWS AppStore(https://appstore.rws.com/)より入手できます。検索ボックスに「Glossary Converter」と入力すると関連するアプリやプラグインが表示されるので、[Glossary Converter] をクリックします。
 
 
製品ページが表示されたら、[Download] をクリックします。
 
 
バージョン選択の画面に移ります。お使いのTrados Studioのバージョンに対応する最新バージョンのアプリを選択し、[I agree to be bound by RWS AppStore] をチェックして [Continue] をクリックします。
 
 
「Glossary Converter.zip」というファイルがダウンロードされ、その中の「SetupGlossaryConverter.exe」を実行するとインストールが開始されます。
 
2020-07-02_3
 
インストールが完了すると、以下のようなメッセージが表示されます。Glossary Converterをすぐに起動する場合は Launch を、いったんインストーラーを終了し後で起動したい場合は Close をクリックしてください。
 
2020-07-02_4
 
デスクトップ上にGlossary Converterのアイコンが作成されています。こちらから起動することが可能です。
 
2020-07-02_5
 
 
Excel用語集を用語ベースに変換する
 
それではGlossary Converterを使用し、Excel用語集を用語ベースに変換してみましょう。「sample glossary.xlsx」というファイル名で、以下のようなサンプルの用語集を用意しました。今回は日英2言語の対訳用語集を使用しますが、3言語以上の対訳用語集でも問題ありません。いずれの場合でも、1行目に英語での言語名を入力してください。
 
2020-07-02_6
 
同じ意味や用法の用語が複数ある場合、に同じセル内に「|」記号で区切って入力します。ここでの例では、「ケーブル」という日本語に対して「cable」および「wire」という2つの英語の用語がありうるため、「cable|wire」といった形でセルに入力されています。
 
Glossary Converterを起動します。[out] という枠に「sdltb」と表示されていることを確認します。
 
 
[out] に「sdltb」と表示されていない場合は、[out] の枠内をクリックし、下図の設定画面で [Default Output] から [MultiTerm Termbase] を選択して画面下部の [OK] をクリックします。([Default Output] に [MultiTerm Termbase] が表示されない場合はMultiTerm DesktopがPCにインストールされていないか、MultiTerm DesktopがPCに正しく登録されていない可能性があります。その場合は、MultiTerm Desktopをインストールするか、MultiTerm Desktopのリセットと修復を行ってください。)