Trados Studio Starter

世界をリードするコンピュータ支援翻訳ソフトウェアのStarterバージョンで、Trados Studioユーザーの第一歩を踏み出しましょう

Trados Studioを使い始めたばかりの翻訳者向けに設計された翻訳支援ソフトウェア

Trados Studio 2022 Starterは、Trados Studio 2022 Freelanceの機能が限定されたエディションであり、翻訳支援ソフトウェアを使い始めたばかりの方を対象としています。

Trados Studio Starterには、Trados Studio Freelanceのフルエディションで使用可能な機能の一部が備わっているため、将来的な受注量増加につながる翻訳スピード向上、品質維持、翻訳メモリの構築といったTrados Studioのメリットを体験できます。

翻訳支援ツールを使用する理由

Trados Studio Freelance/Starterバージョンの比較

特長FreelanceStarter
Trados Studioのクラウド機能あらゆるデバイスでオフラインでもオンラインでも作業できるクラウド機能を利用できます。Trados Studioのクラウド機能は利用できません。
機械翻訳Freelanceは自己学習型MT機能「ニューラル機械翻訳」を備えています。MTを利用できません。
翻訳メモリFreelanceでは、翻訳単位のサイズに制限がありません。Starterでは、5,000翻訳単位までに制限されています。
用語ベースFreelanceは、用語ベースの作成とメンテナンスをサポートしており、品質と一貫性の向上に役立ちます。Starterは、用語ベースをサポートしていません。
プロジェクトの作成Freelanceでは、プロジェクトパッケージを活用して、共通の設定やフィルターを自動的にすばやく適用できます。Starterは、プロジェクトの作成をサポートしていません。
整合Freelanceでは、既存の翻訳を整合し、既存の翻訳メモリに追加できます。Starterは、翻訳の整合をサポートしていません。
RWS AppStoreFreelanceは、サードパーティ製アプリを使用した拡張やパーソナライズが可能です。Starterは、サードパーティ製アプリの使用をサポートしていません。
永久ライセンスFreelanceは、完全な永久ライセンスまたはサブスクリプションベースで利用できます。Starterは、永久ライセンスでは提供されません。

Trados Studio 2022 Freelanceにアップグレードするメリット

Trados Studio Freelanceは、総合的な翻訳環境です。翻訳、レビュー、翻訳プロジェクトの管理をデスクトップツールを使用してオフラインで行うことも、クラウド環境を使用してオンラインで行うこともできます。Trados Studio 2022 Freelanceは、仕事のスタイルを変革します。業界をリードする翻訳支援ソフトウェアのTrados Studioと、そのクラウド機能により、いつでもどこでも、あらゆるデバイスで作業が可能です。Trados Studio 2022 Freelanceでは、最新のニューラル機械翻訳機能も利用できるほか、RWS AppStoreを使用して作業環境をパーソナライズすることが可能です。  

Trados Studio 2022 Starterでは、使用可能な機能が制限されます。翻訳できるのは単一ファイルのみです。また、顧客からプロジェクトパッケージを受け取ることができ、これにより、AutoSuggestやMTなどほかの機能を利用できるようになります。ただし、顧客のプロジェクトパッケージがない場合は、最も重要な翻訳メモリに追加可能な翻訳単位数に制限があるため、翻訳の再利用にも制限があります。また、高品質で一貫した翻訳の実現に役立つ用語ベースを使用することもできません。