コネクタを活用して翻訳効率をアップ

多くの企業はさまざまなテクノロジーを利用してコンテンツの作成や配信を行っています。このコンテンツを世界中の顧客向けに翻訳するには、より効率的でコスト効果の高い自動化されたソリューションが必要になります。
 
分断されたシステムを使用していると、コンテンツを翻訳に出す作業は手動で行われ、時間がかかるため、市場投入期間や顧客満足度に悪影響を及ぼすことがあります。コンテンツ管理システムと翻訳管理システムをコネクタで接続すれば、コンテンツの翻訳プロセスが一気に加速され、より俊敏かつ効率的になります。コネクタは手作業を減らし、効率を高めるためのツールです。 
 
こちらのホワイトペーパーをダウンロードして、RWSのコネクタによってユーザーがより重要な作業に専念できるようにし、プロセスを制御してリスクを排除する方法をご確認ください