Trados Live Teamでビジネスの拡張性を確保

Trados Studio 2021 SR2の新機能

Trados Studio 2021の最新Service Releaseが公開されました。このブログでは、Daniel Brockmannが、クラウドの互換性の強化や文字処理の向上から、新しいファイルフィルタにAPIまで、現在使用可能な優れた新機能の一部について簡単にご紹介します。

待望のTrados Studio 2021 Service Releaseですが、今回の更新ではパフォーマンスと安定性の向上に加え、Trados Studioでの作業を効率化するさまざまな新機能や機能強化が追加されています。 

最新のTrados Studio 2021 Service Releaseの公開に際し、現在使用可能な優れた新機能のいくつかを簡単にご紹介したいと思います。クラウドの互換性の強化、文字処理の向上、新しいファイルフィルタやAPIなど、興味をそそられる内容です。 

魅力的な新しいクラウド機能

いつものことですが、初めて発表する新製品にはお客様からのフィードバックが欠かせません。Trados Studio 2021の新しいクラウドコンパニオンであるTrados Liveをリリースした日から、RWSはユーザーの皆様からのご意見(良いことも悪いことも!)に細心の注意を払い、こうしたフィードバックをもとにユーザー体験の向上に懸命に取り組んできました。Trados Studioの今回のリリースでも、うれしいことに、皆様からフィードバックをいただきました。Trados Studioからクラウドへの移行をスムーズで楽にする、非常に要望が高かった機能をいくつか導入しています。

  1. ローカルプロジェクトをクラウドに保存する機能

    Trados Studioでローカルプロジェクトを作成した後に、もしこれをクラウドで作成していれば、チームで共有したり別のデバイスから作業したりできたのにと思ったことはありませんか?また、クライアントから受け取ったTrados Studioプロジェクトパッケージを自分の新しいクラウド環境で開いたり、作業したりできなくてイライラしたことはありませんか?SR2で導入された新機能を使用すれば、このような状況が繰り返されることはありません!どのユーザーも、Trados Studioの操作が簡単なウィザードを使用して、ローカルプロジェクトをクラウドに保存できます。

  2. ファイル共有タイプの翻訳メモリをクラウドに移行する機能

    手作業で翻訳メモリをクラウドに移行することはすでに可能ですが、これをユーザーがもっとシームレスに行えるように、さまざまな改良を加えました。SR2では、ウィザードを使用してファイル共有タイプの翻訳メモリをクラウドに一括アップロードできるようになりました。その後は、新しいクラウドベースの翻訳メモリをクラウドベースのプロジェクトとファイル共有タイプのプロジェクトの両方で使用し続けることが可能です。これは、クラウド翻訳エンジンの既存のサポートの一環です。

  3. Trados Studioでクラウドプロジェクトの作業を行う際の互換性の向上

    Trados Liveのリリース以降、Trados Studioで新しいクラウドベースの作業方法を検討し始めるユーザーが増えています。多くのユーザーがデスクトップアプリケーションでクラウドプロジェクトの作業を行うようになりました。そこで欠かせないのが、Trados Liveの主要機能を可能な限りTrados Studioに複製し、この2つの環境をユーザーが簡単に切り替えられるようにすることです。Trados Studioの今回のリリースから、多要素認証(MFA)と、Language Cloud Translation Managementの翻訳品質評価の新機能がサポートされています。また、カスタマイズされたワークフローと価格設定モデルがより細かくサポートされるようになりました。

Unicode 13と絵文字のサポート

RWSでは、クラウド対応をスピードアップさせていますが、クラウドでの作業を好まないユーザーがいることも認識しており、既存のデスクトップ翻訳支援ソフトウェアで作業を続けたいユーザーのために、Trados Studioの改良にも従来どおり取り組んできました。それが、Trados Studioの新しい拡張機能であるUnicode 13のサポートの改善につながりました。私が個人的に気に入っている点です。  

Unicodeは、世界の各言語の表記文字、技術記号、句読点の1つ1つにコードを割り当てるユニバーサル文字エンコーディング標準です。最近では、コンピュータはこのコードで実行され、任意の言語の組み合わせを使用してデータを取得したり結合したりできます。Trados Studioでは、最新の標準であるUnicode 13のほとんどの文字と記号がサポートされますが、認識されない文字もいくつかありました(中国語の特定の記号や絵文字など)。 

これまで何年にもわたって、Trados Studioでサポートされる文字の範囲を拡大してほしいという要望が多く寄せられてきました。欠けている文字があると、当然ながら翻訳後のテキストと元の原文文書が完全に一致しないといった問題が発生していたからです。そこで、Trados Studio 2021 SR2では、サポートされる文字を見直し、Unicode 13標準(2020年3月)で定義されているすべての文字が保持されるようにしました。ただし、Unicodeの定義では使用できない66個の制御文字は、もちろん対象外です。そしてなんと、今どきのコミュニケーションでよく使われる絵文字が3,500個も含まれているのです!Trados Studioでは、書式や脚注の扱いと同様に、絵文字はプレースホルダタグを使用して処理されるようになりました。このため、Trados Studioユーザーは、受け取ったファイルと出力される翻訳が一致するという安心感が得られます。プレースホルダタグを使用して絵文字が処理されるということは、サプライチェーン内で最大限の互換性が確保されるということでもあります。Trados Studio 2021のユーザーは、絵文字が含まれるSDLXLIFFファイルを準備して、Trados Studio 2019のユーザーと共有できます。Trados Studio 2019のユーザーがこのファイルを翻訳して返却すれば、互換性の問題は発生しません。

ファイル形式のサポート

絵文字をサポートするために、特定のファイル形式がこれらの新しい文字を読み取るように修正されました。さらに、Trados StudioとTrados Liveの両方でMemsourceファイル形式(MXLIFF)がサポートされています。このファイル形式では、ユーザーは通常どおりTrados Studioで翻訳すればよく、ファイルをMemsourceに再インポートしたときに翻訳対象ファイル内のすべてのメタデータ(翻訳ステータスや分節の分割、結合など)が確実に保持されます。RWSは、サプライチェーンのどの翻訳発注者の、どの作業であっても翻訳者が受注できることを中心に取り組みを進めてきました。この新しい互換性を発表できたことをとても誇らしく思います。

APIの強化

開発者の皆様にとって、この改善は非常に興味深いトピックだと思います!SR2では、ユーザーがReports APIにアクセスし、これを利用してソリューションを構築できるようになっています。この点については長年にわたり、当社のAPIではカバーしきれていませんでした。その利用例として、当社のAppStore Development Teamによって開発され、RWS AppStoreで提供されている新しい「Reports Viewer Plus」アプリがあります。  

それだけではありません。さらに、開発者が使いやすいように、Trados StudioのAPIドキュメントを修正し、ホームを変更しました。新しいドキュメントセンターはこちらでご覧いただけます。 

最後に…

RWSでは、その新しいルック&フィールに合わせてTrados Studioの完全なリブランディングも行い、50以上のバグを解決しています!お分かりのように、多くの機能がTrados Studio 2021 SR2に組み込まれます。その範囲はかなり広く、クラウドの互換性の強化だけでなく、Trados Studioの主要な翻訳機能もさらに改善されています。アイデアやフィードバックをお寄せいただき、今回のリリースに貢献してくださった皆様に、私個人として感謝申し上げます。  

SR2とすべての改善点について詳しくは、Trados Studio 2021 SR2のリリースノートをご覧ください。  

さらに、Trados Studio 2017/Trados Studio 2019のユーザーの方で、上記の新機能を活用したい場合は、Trados Studio 2021へのアップグレードをお勧めします。 
今すぐ購入