tackling-the-challenges-of-translation-memory-technology

SDL Trados Studio Starterライセンスと翻訳メモリの互換性

みなさま、こんにちは。SDLジャパンの土田です。こちらのブログでSDL Trados Studioをはじめとする弊社製品についての実用的な情報をお届けしています。

SDL Trados Studio 2017 SR1(以下2017 SR1)より、原文が日本語および中国語の翻訳メモリに対してもupLIFT機能がサポートされました。それに伴い、2017 SR1とそれ以外でのバージョン間での互換性を保つため、SDL Trados Studio上でそれぞれのバージョンに適した形式に翻訳メモリを処理し直す手順が必要な場合があります。

具体的には、2017 SR1より以前のバージョンで作成された翻訳メモリを2017 SR1で使用するためには「翻訳メモリのアップグレード」という手順が必要になることがあります。また、2017 SR1で作成された翻訳メモリを下位のバージョンで使用する場合、「翻訳メモリの再インデックス化」を実施し、翻訳メモリからの一致が検索されるよう処理する必要があります。

こちらの手順の詳細に関しましては、以前にブログでご紹介しています。下記の記事を参照してください。

upLIFTの日本語対応と翻訳メモリの互換性について

しかしながらSDL Trados Studioで使用しているライセンスがStarter版の場合、事情が異なります。

Starter版でSDL Trados Studioを使用する場合には、送付されたプロジェクト パッケージに含まれる翻訳メモリを使用し翻訳作業を行うことになりますが、Starter版は[翻訳メモリ]ビュー上から翻訳メモリのメンテナンスを行う機能が制限されています。そのため、上記ブログで紹介している方法では、翻訳メモリを各バージョンに合わせて最適化する処理を実行することができません。

日本語および中国語原文の翻訳メモリを、SDL Trados Studio各バージョンに対して最適化されていない状態で翻訳作業に使用すると、100%一致やあいまい一致が適切に表示されないという問題が発生します。そこでStarter版におけるこの問題の回避策を、SDL Trados Studioの各バージョンについてご紹介します。

<2017 SR1 Starterで下位バージョンの翻訳メモリを使用する場合>

SDL AppStoreより、TM Liftingというプラグインが入手可能です。事前にSDLアカウントにログインし、下記のページにアクセスします。

 

[ダウンロード]をクリックし、SDL Trados Studioに応じたバージョンを選択します。2017 SR1の場合、1.0.8.0を選択します。

「Sdl.Community.TMLifting.sdlplugin」というファイルがダウンロードされます。こちらをクリックし、インストールを完了します。

2017 SR1を起動します。左側のナビゲーション ペインにTM Liftingというメニューが追加されています。

プロジェクト パッケージをインポートし、プロジェクト用翻訳メモリをWindows Explorer上で探します。プロジェクト用翻訳メモリは通常、以下のフォルダに展開されています。C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Studio 2017\Projects\[プロジェクト名]\Tm\[訳文言語名]

TM Liftingのビューに切り替え、プロジェクト用翻訳メモリをウィンドウにドラッグ アンド ドロップします。翻訳メモリのファイル名が表示されたことを確認し、[Process]をクリックします。

しばらくすると「Process time … minutes」と表示され、翻訳メモリの最適化が完了します。これで再び、100%一致やあいまい一致が動作する状態になりました。パッケージからインポートしたプロジェクトを開き、エディタ ビューで翻訳作業を再開することができます。

<SDL Trados Studio 2017(SRなし)Starterで2017 SR1の翻訳メモリを使用する場合>

2017 SR1で作成されたパッケージに含まれている翻訳メモリをSDL Trados Studio 2017(SRなし)にインポートして使用する場合も、同様に翻訳メモリからの一致が正常に検索されないという問題が起こることがあります。

SDL AppStoreよりTM Lifting (ver. 1.0.8.0) をインストールし、上記の最適化を実施することにより、この問題を回避することが可能です。手順は、2017 SR1上で実施する場合とまったく同様です。

<SDL Trados Studio 2015 Starterで2017 SR1の翻訳メモリを使用する場合>

SDL Trados Studio 2015 Starterの場合も、SDL AppStoreよりTM Liftingをダウンロードします。バージョンは0.2.3.0を選択します。

SDL Trados Studio 2015および2014に対応するTM Liftingは、プラグインの形ではなく、Reindex Translation Memoriesという独立したアプリケーションの形で提供されます。「Reindex_Translation_Memories_1.zip」というzipファイルがダウンロードされますので、zipアーカイブを展開し、Reindex Translation Memories.exeというインストーラを実行してください。

Reindex Translation Memoriesというアプリケーションがインストールされます。

SDL Trados Studio上でプロジェクト パッケージをインポートし、プロジェクト用翻訳メモリをWindows Explorer上で探します。プロジェクト用翻訳メモリは通常、以下のフォルダに展開されています。
C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Studio 2015\Projects\[プロジェクト名]\Tm\[訳文言語名]

Reindex Translation Memoriesを起動し、上のペインに翻訳メモリをドラッグアンドドロップします。[Re-index]というボタンを押すと処理が開始されます。

処理が完了すると「Finish reindex…」というメッセージが表示されます。この後は、通常通り、プロジェクトを開いて翻訳作業を進めることが可能です。翻訳メモリからの一致も通常通り検索されます。

<SDL Trados Studio 2014 Starterで2017 SR1の翻訳メモリを使用する場合>

SDL Trados Studio 2014 Starterの場合TM Liftingのバージョンは0.2.1.0を選択します。同様にReindex Translation Memoriesというアプリケーションがインストールされますので、SDL Trados Studio 2015 Starterの場合と同じ手順で、インポートされた翻訳メモリを探しReindex Translation Memories上で処理します。

SDL Trados Studio 2014 Starterの場合、インポートされたプロジェクト用翻訳メモリは通常、以下のフォルダに展開されています。
C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Studio 2015\Projects\[プロジェクト名]\Tm\[訳文言語名]