4-stress-free-time-management-tips-to-boost-translation-productivity

[Trados Studio 2022]
日本語訳文翻訳時のカーソル位置ずれの回避方法

RWSグループ、SDLジャパンの山田です。

Trados Studio 2022で日本語訳文へ翻訳中に、カーソルを移動すると文字の間ではなく文字上にカーソルが表示される場合があります。
※本件はTrados Studio 2022 CU1で修正されました。


本件は、下記設定を行うことにより回避できます。

Trados Studio 2022を起動し、[ファイル]-[オプション]にアクセスします。

[エディタ]を選択し、並列型エディタの項目にある「書式の表示スタイル」を[書式を表示せずにすべてのタグを表示する]に変更します。



次に[フォントの調整]を選択し「ユーザ設定の言語フォント」の「言語」に[Japanese (Japan)]、「フォント」に[MS ゴシック]など日本語表示用フォントを設定し[OK]ボタンをクリックします。


上記の設定でカーソルのズレを解消できますが、書式が全て「書式タグ」として表示されますことをご了承ください。


■お問い合わせ■
製品に関するご質問はこちらまで、お気軽にお問い合わせください。
sales-jp@rws.com