Simple tips to help you keep a positive mindset as a busy translation professional

Simple tips to help you keep a positive mindset as a busy translation professional(多忙なプロ翻訳者が常に前向きな気持ちで仕事に取り組める簡単なヒント)

これらのヒントを活用し、翻訳者につきもののプレッシャーから来るストレスや心配事をなくしましょう。

翻訳業界がこれまでにないペースで成長を続けていることに、疑いの余地はありません。このような急激な発展は、その中で働く翻訳者に両刃の剣を突きつけました。言語スキルに対する需要の増加がプラスに働く一方で、納期の厳しさや仕事量の増加というマイナス面もあります。

業界の急速な進化には、テクノロジーの高度化が大きな役割を果たしています。現在、翻訳者には、翻訳支援ツール機械翻訳のような生産性向上ツールを活用することが奨励されています(そして期待されています)。なぜなら、より速く、より少ない反復作業で訳文を生成できるようになるからです。この大幅な時間の節約によって、これまで以上に翻訳の仕事を受けられるようになります。しかし、仕事が増えれば増えるほど、納品日も、受信トレイで翻訳を待つファイルも増えていきます。

SDLは先ごろ、SDL翻訳テクノロジーに関するインサイト、2020年版で翻訳業界の動向を調査しました。フリーランス翻訳者の88%が翻訳ソフトウェアのおかげでタスクを迅速にこなせたと回答した一方、69%は需要に対応するために働き方を改善する必要があると感じていることが分かりました。需要とプレッシャー、締め切りとストレス...圧迫は誰もが感じていますが、良いニュースは、それによって生じる心の負担の理解と評価も指数関数的に進んでいるということです。あなたの考えや基本原理を健全に保つことは、今では健康な体を維持するのと同じくらい重要と考えられています。以下に、前向きでバランスの取れたマインドセットを維持するために、すぐに使える簡単なヒントをいくつか集め、整理しました。

1.マインドフルネスを実践しましょう

マインドフルネスは、現在起こっていることから精神的に一歩下がり、第三者のレンズを通してそれを知覚することを奨励しているため、翻訳者がストレスや不安の払拭に利用できる強力な武器となります。クライアントが急に厳しくなり、いつも以上に仕事の変更を要求するようになったり、期日通りの支払いをしなくなったりすると、私たちは往々にして「自分のせいだ」と本能的に考えます。自分の翻訳能力が枯渇したのでしょうか?もはや求めている価格に見合う価値がないのでしょうか? 

マインドフルシンキングは、別の見方をすることを奨励しています。それが、自分とは何の関係もないとしたらどうでしょうか?このような態度の突然の変化が、クライアントが抱えている問題の兆候にすぎず、私たちの翻訳業務とはかけ離れたもので、クライアントの苦悩の波紋を感じているだけだとしたら?もしかしたら、彼らの性格が変化した原因について、機転と共感をもって繊細に分析してみてもよいかもしれません。その結果、驚くような結果になることがありますが、すべては別の視点で物事を考えるだけのことです。 

ポケットマインドフルネスでは、こちらの人気ブログで、6つの簡単なマインドフルネスのエクササイズを紹介しています。このエクササイズはほぼ場所を問わずいつでも実践でき、大切な心の穏やかさを見つけることができます。

2.瞑想

上記のヒントを補うものが瞑想で、マインドフルネスと組み合わせると、多くの場合ストレス発散で強力なパワーを発揮します。マインドフル瞑想は、毎日5分から10分実践するだけで、ストレスや不安を効率的に減らせることが実証されています。 

自分が快適に過ごせるものを着て、クッションか椅子に座り(もっと背中のサポートが必要な場合は壁に寄りかかり)、くつろぐ時間を作りましょう。足を組んで座り、親指と人差し指の先を合わせるという固定観念がありますが、お気になさらず。快適な姿勢であれば、まず何でもいいのです。 

ここから、ボディスキャン、エネルギー評価から1日と1週間の振り返りまで、様々な瞑想テクニックを実践できます。具体的なテクニックとその実行方法について詳しくは、Sujan Patel氏の記事「10 Meditation Prompts That’ll Challenge You to Think Bigger(大きく考えるきっかけをくれる10の瞑想法)」をご参照ください。

3.ヨガをしましょう

ヨガは、マインドフルネスと身体の適応能力を結びつける見事な方法で、ここ数年で人気が急上昇しています。ヨガには、柔軟性と筋力の向上、姿勢の改善、健康な関節の維持、ストレスの軽減、血圧低下といった効果があります。 

ヨガが人気を博している理由の1つに、誰でもできるということがあります。どのような年齢やフィットネスレベルでも、心身の健康を高めるヨガのエクササイズやストレッチが必ずあります。ベッドの上でもできるのです! 

ヨガに慣れる効果的な方法はたくさんあります。ヨガアプリDown Dog Yogaには、時間の制約や能力レベルに合わせてカスタマイズされたヨガのあらゆるルーティンが用意されています。SDL Desk Yogaシリーズは、短時間の効果的なヨガストレッチで構成されており、デスクに座ったまま、翻訳者が不調を感じやすい身体の主要部分を重点的にストレッチできます。

4.食事を正しく取りましょう

ポジティブな精神と全体的な生産性を高めるために、正しい食習慣を過小評価することはできません。健康な心には健康な食べ物が必要であり、料理の選び方によって、さまざまな脳の機能も強化されるのです。

翻訳者として、あなたの心と創造性は最も求められる資産です。クライアントは、最高に創造的なあなたを求めています。ですから、脂肪分の多い魚、コーヒー、ブルーベリー、ブロッコリー、ナッツ、オレンジ、卵、緑茶、さらにはダークチョコレートのような優れたブレインブースターを食事に含めましょう!(ひゅー) 

そして、脳内の幸福感受容体をサポートするために、赤ピーマン、クルミ、バナナ、アボカド、サーモン、カッテージチーズ、ワイルドベリーなど、気分を高める効果のある食べ物を選びましょう。最後に、いつも同じ時間に食事を取る必要があります。私たちの多くは朝食を抜く傾向があります。ですが、脳がきちんとオイルを差した機械のように正常に活動し続けるためには、起床後30分以内に朝食を取る必要があることをご存じでしょうか?早めの朝食をとることは、脳全体の機能にも効果があります。同じ昼食と夕食のスケジュールを守ることをルーティン化しましょう。

このような「ライフスタイル医学」が健康とポジティブなマインドの鍵を握るということは、研究で続々と明らかになっています。これらの簡単なヒントを毎日のルーティンに取り入れて、翻訳の生産性と精神的な幸福に与える効果を確認してみましょう。がっかりすることはないはずです! 

ストレスを解消するためのアイデアをお探しですか?さらに役立つヒントについては、eBook「12 Life Hacks for Busy Translation Professionals(多忙な翻訳のプロのための12のライフハック)」をダウンロードしてご確認ください。