Personalize your translation software

翻訳ソフトウェアのカスタマイズは思ったよりも簡単

Tradosテクノロジーをご自身のビジネスに合わせてカスタマイズする方法をご紹介します

RWS AppStoreからダウンロードされたアプリは、2020年だけでも11万件以上に上り、驚くことに前年と比べて28%も増加しています。RWS AppStoreの規模と人気は日々拡大しており、これは独自の要件に合わせて翻訳テクノロジーをカスタマイズするメリットに気付くお客様が増えているためです。結局のところ、まったく同じ翻訳業務などはないため、ソフトウェアはユーザーのニーズに応じてカスタマイズされるべきなのです。

RWS AppStoreとは?

RWS AppStoreをよく知らないという方もいらっしゃると思います。具体的にご説明しましょう。

RWS AppStoreは、アプリを紹介・共有するためのRWS独自のプラットフォームです。RWSのお客様はほとんどのアプリを無料でダウンロードしてインストールできます。このような形でお客様自身による翻訳テクノロジーのカスタマイズを可能にしているテクノロジープロバイダは、他にありません。RWSは、誇りを持ってこのサービスを提供しています。ユーザーは、RWS AppStoreのアプリを使用してRWSのソフトウェア(Trados StudioMultiTermTrados GroupSharePassoloなど)の機能を拡張することで、翻訳プロセスを改善したり、既存のシステムとRWSソフトウェアを連携させて業務の効率と効果を高めたりすることができます。

アプリにより、さまざまなファイル形式への対応、生産性の評価、機械翻訳エンジンとの接続と管理、無料の翻訳メモリや用語ベースへの接続などが可能になります。 

一例として、RWS AppStoreで最も人気のあるアプリ「Glossary Converter」をご紹介しましょう。Gerhard Kordmann氏が開発したもので、何か月もの間RWSのダウンロードチャートのトップに君臨しています。このアプリは、独自の用語集をすでに持っているユーザーにお勧めです。簡単なドラッグ&ドロップ操作でMultiTerm用語ベースと他の形式の用語集との変換を実行でき、時間や労力の節約になります。

AppStore Development Teamの新アプリ「studioViews」は、リリースされたばかりですが、期待のアプリです。このアプリを使用すると、ファイルをすばやく簡単に分割/結合できます。ファイルを[ファイル]ビューで直接分割し、[エディタ]ビューでフィルター処理した部分をエクスポートし、翻訳者に送信します。その後、戻ってきた翻訳済みファイルをプロジェクトに再度インポートすると、プロジェクト内のファイルが適切に更新されます。 

この2つは、ほんの一部にすぎません。現在、RWS AppStoreには計340を超えるアプリがあり、その80%以上が無料です。これらのアプリはRWS独自のAppStore Development Teamまたはサードパーティの開発者が開発し、どれもRWSのAPIを使用しています(APIについては後ほど説明します)。さらに、Trados Studio 2021では、新たにRWS AppStoreが統合されたため、Trados Studioの画面上にあるボタンをクリックするだけで、互換性のあるあらゆるアプリをダウンロードできます。Trados Studio環境のパーソナライズがこれまでになく簡単になったのです! 

SDL Appstore integration

独自の非公開AppStoreも作成可能

アプリの選択肢が非常に多いため、従業員がダウンロードして使用するアプリを企業が管理したいと考えるのは当然です。また、厳格なITセキュリティ対策でユーザーのコンピュータへのダウンロードを禁止している企業が多いことも、RWSは把握しています。この場合、一般向けのRWS AppStoreを使用することはできないでしょう。 

このようなお客様をサポートするために、Trados Studio 2021では企業が独自の非公開AppStoreを作成できるようにしました。この非公開AppStoreは、企業のファイアウォール内にある企業所有のサーバーでホストすることが可能で、非公開で従業員にアプリを配布するために使用できます。非公開AppStoreを完全に管理すれば、アクセス可能なユーザーを指定したり、承認したアプリだけをAppStoreに追加して使用可能にしたりできます。つまり、ユーザーは非公開AppStoreから制限なくダウンロードできるようになるのです。さらに、このAppStoreは特定のユーザーしか使用できないため、一般向けRWS AppStoreのアプリの中から承認したアプリのほか、自社で開発したアプリを配布するプラットフォームとしても使用できます。
SDL Private appstore
自社用の非公開AppStoreは、以下の手順で作成できます。思いのほか簡単です!

1.RWS AppStoreから「PA Admin」アプリをダウンロードし、AppStore Integration Serviceのインストール、設定、導入に必要なファイルを取得します。フォルダを解凍し、AppStoreサービスのホストに使用するサーバーにファイルを保存します。

2.設定の詳細は、RWSの非公開AppStore Githubページをご確認ください。 

3.ダウンロードしたAppStoreIntegrationService.exeファイルを実行します。非公開AppStoreが起動し、すぐに利用できるようになります。

4.非公開AppStoreで提供するアプリを設定します。ブラウザに「{自社サーバーのURL}/configtool」と入力してPA Adminツールにアクセスし、こちらの手順に従います。

5.非公開AppStoreを設定したら、後はTrados Studio 2021と連携させるだけです。Trados StudioでAppStoreを開き、[設定]の画面下部にある[非公開AppStore]チェックボックスをオンにし、サーバーのURLを入力します。
SDL Appstore integration settings

問題を解決するアプリが見つからない場合

RWS AppStoreでは、多数のアプリが公開されているため、お探しのアプリが見つかる可能性は高いでしょう。それでも、問題の解決に至らないことがあります。そのときに役立つのが、RWSのAPIです。

APIとは?

APIは、基本的にソフトウェアプログラムへの窓口の役割を果たします。全コードを開発者が共有しなくても、APIによって他のプログラムと簡単にやり取りできるようになります。 

多くの企業では、業務の効率化に役立つさまざまなシステムが使用されています。こうしたシステムは、それぞれ単体では問題なく動作しても、他のシステムと通信やデータ共有ができずに「情報の孤島」になってしまうことが多々あります。APIを使用すると、システムのシームレスな統合、プロセスの合理化、業務運営の変革に役立つ新しいツールや機能、コネクタを開発できます。

翻訳業務におけるAPIのメリット

これを翻訳業務に取り入れると、すべてのシステムを連携させ、業務全体の効率を大幅に向上できます。手作業が減り、翻訳者、プロジェクトマネージャー、レビュアーの作業時間が短縮されます。ローカリゼーションコストが削減され、市場での競争力を強化し、長期にわたって持続するビジネスを実現できます。加えて、作業の簡素化と効率化により、従業員の仕事に対する満足度も向上します。さらに、APIにより、追加機能を使用して(前述のRWS AppStoreで提供されているアプリを使用する場合と同じように)ソフトウェアをカスタマイズできます。独自の要件に合わせてパーソナライズしたツールを使用すれば、これまで以上に生産性が向上します。

メリットをイメージしづらい方のために、RWSのAPIを使用してTrados StudioやTrados GroupShare向けに開発を行ったお客様の実例をいくつかご紹介します。

Supertext Ltdは、チューリッヒ、ベルリン、LAを拠点に、2,000人以上の個人翻訳者を擁し、コピーライティングと翻訳を手掛ける会社です。独自に構築したTMS(翻訳管理システム)を使用しています。また、Trados GroupShareを活用してTrados Studioのプロジェクトの作成と配布を強化および自動化しています。しかし、SupertextのTMSも、Trados GroupShareも、それぞれにユーザー資格情報を入力しないとログインできない状態でした。つまり、ユーザーは2組のアカウントとパスワードを記憶する必要があったのです。すべてのユーザーの負担を軽減するために、SupertextはTrados GroupShareのプラグインとして独自のカスタム認証プロバイダを開発しました。このプラグインにより、Studio GroupShareにログインすると、Supertextのシステムに対しても認証されるようになり、業務用システムが簡素化されました。

dSPACE GmbHは、シミュレーションと検証の分野におけるテクノロジーリーダーであり、世界中のお客様をサポートしています。同社は、翻訳プロジェクトの作成に時間がかかること、そして情報を手入力する必要がよくあることに気付きました。また、Trados Studioのプロジェクト名が自社の命名規則に従っていない場合やサブフォルダの構造に一貫性がない場合も多いとわかりました。この問題を解決するために、dSPACEはProjectCreatorというプラグインを開発しました。このプラグインは、翻訳サービスのリクエストフォームに入力された情報から直接、翻訳プロジェクトを自動作成します。これにより、翻訳プロジェクトの作成時間が短縮され、プロジェクトフォルダは常に命名規則に従った名前で、同じ構造で作成されるようになりました。

開発意欲のある方へ

誰でも、Trados Studio、MultiTerm、Trados GroupShare、Passolo、RWS Language Cloud向けのRWSのAPIにアクセスし、独自の統合機能やアプリを作成することができます。開発する場合は、次の推奨手順をご確認ください。

  1. 開発を始めるにあたり、ダウンロードしなければならないものはありません。Trados Studio/MultiTerm/Trados GroupShare/Passoloをインストールすると、APIも利用可能になります。  RWS Language Cloudはクラウド製品であるため、いつでもオンラインでAPIを利用できます。  全製品のAPIドキュメントは、こちらのリンクから入手できます。
  2. RWS Developer Communityにぜひご参加ください。アイデアを得る最適の場です。自分のアイデアについて仲間やRWSの従業員と話し合ったり、サポートを求めたりできます。
  3. RWS開発者ハブでは、独自のTradosプラグインの開発を始めるために必要なあらゆる情報を確認できます。アプリの構築、開発、導入方法を説明するクイックガイドに加え、APIを最大限に活用するためのヒントも用意されています。
  4. アプリを開発したら、コミュニティ全体で活用できるよう、作成したアプリをRWS AppStoreに公開するかどうかを決定します。アプリをAppStoreチームに送信する場合は、RWSアカウントから送信できます。

お気付きのように、このようなソリューションに取り組める開発者の存在が非常に重要になってくるのですが、それを望めない企業もあります。開発者が社内におらず、RWS AppStoreの既存アプリでは問題を解決できない場合でも、諦めないでください!AppStore Development Teamは、取り組むべき新しいアイデアを常に求めています。RWS Ideas Communityに要望を投稿してください。興味深いアイデアの場合は、私たちがお力になれるかもしれません。

ぜひご意見をお聞かせください。

これで、RWS AppStoreについてと、承認済みのアプリを社内に配布するための非公開AppStoreの設定方法について、ご理解いただけると思います。御社の問題を解決するアプリが見つからない場合は、RWSのAPIを使用した独自のアプリ開発にぜひ挑戦してみてください。 

RWS AppStoreと独自のアプリ開発に関してアドバイスやヒントが必要な場合やご質問がある場合は、RWSにお問い合わせいただくか、RWS Communityにアクセスして意見を募ってください。